「ほっ」と。キャンペーン

フェンタニル吸入と麻薬中毒

麻酔ディスカッションリストによると今月のAnesthesiologyに呼気中のプロポフォール濃度を測定したという論文が2つ掲載されている。プロポフォール血中濃度のリアルタイムモニタは無理でもこのような方法でプロポフォールの動態が分かればありがたい。
ということは、、という訳で患者の呼気からのプロポフォールやフェンタニルが麻酔科医の薬物中毒の一因ではという話題がASAのNewsletterに掲載されている。この種の報告はいくつかある。
アメリカでは麻酔科医に薬物中毒が多いのは事実のようだ。空気中にエアゾル化されたフェンタニルが検出できるのか?Newsletterの記事はやや懐疑的だ。またごく微量のフェンタニルを吸入したところでそれがどうなるのか?まだ気にする必要はない様だが、一応知っておいてよい知識だろう。
吸入麻酔薬を吸っている方が影響は大きいと思うのだが。
[PR]
by yamorimo | 2007-04-10 18:03 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/5396308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 実践的アルチバ使用法 1 高齢者とアルチバ >>