ラジオサーバー

はてさて、ちょっとだけ東京へネタを仕入れに行ってました。さすがに東京ちょっといるだけでいろいろな発見があります。いっそ住んでみてはとはよくいわれるのですが根が田舎モノですから、、

さて季節柄語学講座がスタートの季節ということで、各書店ではTalk Masterの販売にも力が入っています。いろいろ限定版もありそう。そんな中ライバル機を発見。
それがオリンパスの、ラジオサーバーです。オリンパスといえば、内視鏡で有名ですが、マイクロカセットの時代からレコーダー系にも力を入れています。これはまさに究極の語学学習用ラジオというべきものでしょう。ハードディスクは約40GBあって、おそらく充分な音質で録音できそうな標準音質で約1250時間も撮れる。もちろんPC転送可能というスペックには驚かされます。私のSharp QT-MPA10が1GBしかないのと比べると月とスッポン。ただ試聴はしてないが音質ではスピーカーの大きいsharp有利かとも思います。39,800円というお値段もTalkMasterと比べたら割安か?何しろオリンパス製ですから。
個人的にはこれ以上この手の製品は必要ないですがお勧めです。

まとめると。
TalkMaster: 書店なら容易に入手可能。小型なのでボイスレコーダーとしても使える。欠点は、操作性がやや悪い。スピーカからの音は聴くに堪えない(よいヘッドホンでどうぞ)。
ラジオサーバー: 圧倒的大容量。部屋のインテリアにもなりそう。AMループアンテナ付属。欠点は入手困難で予約中。ラジオにこれだけ払えるか?
Sharp QT-MPA: この種のデバイスとしては最も安価(1万円強)。AMの感度良好。音楽は楽しめないが充分な音質。欠点は、容量が少なく外部メモリが使えない。CDラジカセ並みの大きさ。

お値段を考えると私のお薦めは依然としてSharpです。お値段はいろいろなのでインターネットでよく確認してみて下さい。

全く関係ないですが、オリンパスのページで昔のカメラの壁紙が公開されています。いくつかダウンロードしてしまいました。私は、昔はOM-2(5年前に死亡しました)、今はバックアップに買っておいたOM-10を使っています。次の公開では大場久美子の写真もぜひ(オジサンネタですが)。
[PR]
by yamorimo | 2007-04-01 22:03 | 英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/5333025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アナログな日々ときどきモバイル... インターネットの光と影 >>