超音波ガイド下大腿動脈採血

超音波ガイドによる中心静脈穿刺や神経ブロックの上達にはまず練習が大切だ。
ちょっと馬鹿みたいだが、今日超音波ガイド下大腿動脈採血というのを思いついた。

血液ガス検査のために大腿動脈から採血する機会は多い。これを超音波ガイドでやってみる。
皮膚の消毒後、プローブを大腿部に当て大腿動脈を確認(左手で持つ)、その状態で交差法で穿刺する。針はブローブにできるだけ近づけて皮膚に直角に近い感じで穿刺する。画像上針先が血管内に入ったらゆっくり採血してみる。
この程度の操作ならプローブに清潔のカバーは必要ないし、針の操作も右手ひとつでできるので超音波ガイド下の手技としては簡便である。それでも細い針を画像をみながら血管まで誘導するにはそれなりの技術が必要である。

練習の機会を増やすにはよい方法だと思う。
[PR]
by yamorimo | 2006-12-27 21:47 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/4905024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レミフェンタニルとMAC 超音波ガイド下神経ブロック・ワ... >>