白い心

このところいろいろなインストラクターやそのアシスタントに関わることが多くなった。感じることが多いのは、新しい概念を受け入れる際には、これまでの経験や知識はむしろ障害になるということだ。スキルアップのためにワークショップなど受講する際は、一度白い心になって素直にインストラクターの説明を受け入れることをお勧めしたい。
そうすると自分の引き出しをひとつ増やすことができる。最初から既存の引き出しの中に詰めようとすると混乱するかもしれない。もちろん身につけたものをどう使っていくかはその人次第だ。
[PR]
by yamorimo | 2006-09-24 23:11 | その他 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/4353440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from るなのひとりごと at 2006-10-10 20:03
タイトル : 素直に・・・
白い心 妊娠をきっかけに、インストラクター業から暫く遠ざかってる。 大学院生になって研究が主体の生活になっていたから、研修医の指導からも離れていて、あまりえらそうなことはかけないな、と思う。 ただ、自分も含めて、何か新しいことを学ぶとき、 「素直さ」と「慎重さ」が必要だな、と思うことはある。 単にインストラクターのいうことをなんでも鵜呑みにすればいいというのではないが、今までの自分へのプライドがじゃまして吸収できないでいる受講生や研修医を見かけると、損をしているなあと思うことがたびたびあ...... more
<< 臨床研修医に対するアンケート ドクター・フー >>