今日から実践できるTIVA

麻酔科学会開催に合わせて、真興交易から「今日から実践できるTIVA」が発売された。大量に売れていたとの証言をいくつか得ている。ベストセラー化を望みたい。

これまでTIVAに興味がある人にお勧めできる日本語の教科書はなかった。今回執筆しているのはまさに各施設でバリバリTIVAを実践している人たちなので非常によい教科書に仕上がっている。
個人的なお勧めは前述した、脳波モニタリングの章。木山先生による序文と第1章、中尾先生によるハイリスク症例の章あたりか。もちろん初心者の方はまず風間先生の章あたりからきっちりと理論を学習してもらいたい。

申し訳ないが、早くも訂正がある。p208 フェエンタニル投与量(mg)は当然μgの誤りですね。
[PR]
by yamorimo | 2006-06-10 12:34 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/3715079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サマーセミナー 論座7月号 >>