A-line 挿入ビデオ 続

以前紹介したNEJMのA-line挿入ビデオだが、先日うちの病院でB社のガイドワイヤー付き動脈留置針の説明会でメーカーの人が使用していた。その筋では有名になっているのだろう。ただ同じガイドワイヤー式でも両者はかなり方法が違っている。NEJM式は、動脈を貫通させてから徐々に引いてきて逆流のあるところ(血液がドクドク出てくる)でガイドワイヤーを挿入する。B社のタイプだと、素直に貫通させずにワイヤーを入れた方が確率は高いように思うが如何だろう。
NEJMのビデオは、アレンテストの方法や、何故手首に枕を入れるのかなど基本的なところがよくできているので研修医の人がまず見る教材としては非常に良さそうだ。

あとは、iPodも使える毎週のオーディオサマリーが医学英語のヒアリングに最適だと思っている。ぜひトライしてみていただきたい。
[PR]
by yamorimo | 2006-05-28 22:18 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/3665986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 麻酔科学会初日 Nintendo DS と ... >>