「ほっ」と。キャンペーン

レベル分類再掲

先日掲載したバランス麻酔の分類がいろいろ反響、批判をいただいた。自分としてはあくまでも目安として掲げたものであり、レベル5の麻酔が最高と思っているわけではない。各自の麻酔について考える一助になればという程度のものだ。
電脳麻酔のお勧めとしては、脳波モニタを活用したレベル3の麻酔、さらに適応があればレベル4ということになる。一部修正して再掲したのでまたご批判をいただきたい。また心配しなくてもレミフェンタの時代になればレベル3の麻酔が主流になるだろう。この時、注目されるのは別の鎮痛法としての硬膜外などの神経ブロックと思っている。

レベル1
笑気-セボフルラン麻酔
フェンタニルは導入時、あるいは執刀時以降は使わない。

レベル2
空気-セボフルラン麻酔
地球環境のことなど考えて笑気の使用は注意した。セボフルランの濃度はMACを考えて2-3%は使っている。フェンタニルは導入時、あるいは執刀時以降は使わない。

レベル3
空気-セボフルラン-フェンタニル麻酔
フェンタニルの使い方を覚えて、セボフルランはこれまでよりずっと低い濃度で維持できるととが分かってきた。1.5%程度を使用している。フェンタニルの投与は術中は2-3ng/ml、覚醒時は1.5ng/ml程度を目安に手術、患者に応じて増減している。フェンタニルを使うと覚醒が悪いというのが迷信だったと実感できるようになってきた。脳波モニタはできるだけ併用している。

レベル4
空気-セボフルラン-フェンタニル麻酔+α
レベル3の麻酔に加えて、硬膜外麻酔、エコーガイド下末梢神経ブロックなどを併用して術中から術後の鎮痛がうまくできるようになった。

レベル5
達人の領域
私のバランス麻酔の師匠、これまではセボフルラン濃度は1%程度でということだったが、この前お会いしたときは、0.5%で充分といわれていた。その分鎮痛をしっかりということなのだが、これは相当の年期が必要か?この麻酔はお勧めしません。
[PR]
by yamorimo | 2006-04-06 10:14 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/3444639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 蘇るPC-8801伝説 永久保存版 末梢神経ブロック研究会 >>