英語でも一太郎

一太郎2006、msanuki.orgでも絶賛されていた。
早速週末の作業をすべて一太郎でやってみた。これまで私は、日本語は一太郎、英語はMS-Wordと使い分けてきた。しかし今回の一太郎なら、全部一太郎で作業しても問題なくwordに移すことができそうだ(互換性は2004あたりでもほぼ満足していたが)。そこで現在作成中の英語論文の仕上げを一太郎で行ってみた。
a0048974_2320597.jpg

これまでのバージョンよりも辞書との連携がスムーズになった。気になる単語を選んでコントロールキーを押すだけで、ジーニアス英和辞典を参照できる(ジーニアス英和、和英、明鏡国語辞典のセットで6090円)。これはかなり便利だ。Wordでも辞書引きできるが、その先がジーニアスというのがポイントだ。和英にしたいときはここで日本語を入力すればよい。この際英語でも一太郎と言っておこう。
[PR]
by yamorimo | 2006-02-12 23:21 | 英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/3186721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< えいご漬け 3 一太郎2006 >>