「ほっ」と。キャンペーン

硬膜外MLA法

硬膜外麻酔にMLA法を使い始めて約1年になる。かなり慣れてきてこの方法のすごさを実感できるようになってきた。
具体的な方法は上記リンクの本を読んでいただきたい。硬膜外のうまい人を達人レベルに引き上げることができるだろう。以前は正中法にこだわっていた時期もあったが短時間で穿刺でき、その分患者が楽であればそれでいいのではと思うようになった。

私はもともと硬膜外でそれほど苦労したことはなかったのだが、これまでは穿刺で迷ったら下のレベルでより容易にできそうなところから穿刺していた。本法を知ってからは迷わず中部胸椎、最近は腰部硬膜外は全く行わなくなった。かなり自信がついたということだろう。
開腹手術で硬膜外がばっちり効いていると本当に楽だ。

フェンタニルの使い方が分からない、どうもプロポフォールの麻酔は苦手という人には、開腹手術でばっちり硬膜外を効かせたプロポフォール麻酔をお勧めしたい。そのためにはまずMLA法だ。
[PR]
by yamorimo | 2005-12-17 18:13 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/2857226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< FMトランスミッター J-SIVA賞 >>