ハリーポッター

 ハリーポッターの新作をみた。前作は全体に作りが薄く感じたが、今回のはよくできていた。第一作と比べて原作ベースでは分量が二倍くらいになっているので限られた時間での映画化は難しいだろうとは思う。
 早速、中途で放りだしていた原作の英語版を読み始めた。これまで、一作、二作目はなんとか読んだが、子供向けの本の割には読むのに手こずっている。英国の生活用語に不案内なものが多いのと、魔法系、結局単語になじみのないものが多いのが苦戦の原因だ。通り一遍の単語だけでなく、いかにもnativeという単語を知っていると自分の文章に奥行きが出てくる(自分でもできていないが)。
 英語のペーパーバック、なかなか読破できないと思うが、子供向けから入るのも一法だ。私の米国在住中はゴジラシリーズを読んでいた。米国の作者が書いたB級のSF小説に怪獣がでてくるという無茶苦茶なストーリーだったが結構楽しめた。何でもよいので読む習慣をつけるとよいと思う。特にハリーポッターは翻訳がでるのに時間がかかるので。
 あと医学系は結構読みやすい。Robin Cookは定番だが、Richard PrestonのThe Cobra Eventなどもお勧め。
[PR]
by yamorimo | 2005-11-27 23:09 | 英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/2715093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 育てるということ 削る研修と育てる研修 >>