DAM

臨床麻酔学会もたけなわ。管理人は懇親会中心のスケジュールでまだ出発していない。
学会といえば、TEEとDAM、あとはシミュレーターと定番が決まってきた。それぞれ好みで受講すればよいと思う。特にお勧めはDAM。まさにACLSのノリで、すぐに明日から役に立つ。

最近感じるのは、ひとりよりも二人DAM受講者がそろうと共通の思考回路で行動するのでやりやすい。このあたりもACLSチック。最後にはジェットビンチレーションで何とかなるはずという余裕?もできた。ただしうちの病院のジェットベンチレーションの機械はまだ使われたことがない。これからも使いたくはないが。。。

DAMを受講してから凝っているのは、ガムエラスティクブジー、特に外勤先ではすぐにオレンジの棒もってきてと看護師さんを走らせている。何となく、この方法をルーチンにしたほうが良い気がするのは間違っているだろうか。ともかく、臨麻でDAMを受講する先生方、インストラクターの先生方頑張ってください。
[PR]
by yamorimo | 2005-11-18 00:19 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/2632143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 臨床麻酔学会 テグレトール恐るべし >>