テグレトール恐るべし

昨日の患者さん、テグレトールを3年くらい飲んでいた。最高投与量は1200mg、すごい量だ。
いつも通り、プロポフォール-フェンタで麻酔。体重は50kgだが、テグレトール内服中ということで、気持ち1.5倍としてマスキュラックスは、5mg/hで投与。これなら大丈夫だろう。ところが、しっかり自発呼吸が出ていた。時々手も動く。フェンタは約2.5ng/mlくらい投与しているのに。
結局、マスキュラックスを増量したが長時間の手術にもかかわらずすぐに覚醒、抜管できた。
テグレトール恐るべし。筋弛緩モニターをつけておくべきだった。
[PR]
by yamorimo | 2005-11-17 23:05 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/2631028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< DAM 聴診器その2 >>