東京マラソン出場記

ちょっと遅くなったが幸運にも東京マラソンを走ることができたので報告する。

ネット情報で朝7時には着いた方がよいということで。こちらは午前7時の新宿駅。早目にいったつもりだが、新宿駅から都庁へ多くの人が向かう。ボランティアの方の誘導が心強かった。
a0048974_2361028.jpg


さすがに東京マラソン。出走ゲートへの入り口のチェックが厳しい。前日にエントリーしたときに腕にSECOMの腕輪をはめられており、このチェックと手荷物検査を受けてからゲートイン。
a0048974_2374144.jpg


スタートは9:10分。ほぼ最後尾からのスタート故に前方はまったくみえない。しばらく直進し、直角に曲がってしばらく走ったところでみたことのある風景が。ここまで15分かかった。
a0048974_23101319.jpg


遅くはなったが小池さんの姿もなんとか確認。さースタートだ。
a0048974_23111628.jpg


スタート直後の新宿。とにかく人が多すぎて思うように走れない。でもスタート後5Kmくらいは下りなのでそのうちスピードアップしてばらけてきた。私の予定ペースは1kmを6分30秒。トータルでは5時間を切るのが目標。スタート前は寒くて体が冷えていたので序盤は慎重に1kmを7分弱のペースで刻んだ。
a0048974_23124868.jpg


10kmを1時間7分で通過。ここまでは順調に予定のペース。日本橋から浅草方向へ。先頭の黒人選手がものすごいスピードですれ違い。周辺からもどよめきが起こった。こちらはやっと10km、むこうは30km近い。先頭からやや後れて設楽選手が死にそうな表情で通過。こちらは自然に声援がわいた。このような選手たちと一応同じ土俵に上がっているのが凄い。15kmで雷門を通過。まだ余裕あり。
a0048974_23202111.jpg


浅草からは個人的には未知の領域。橋からスカイツリーがよくみえた。
a0048974_23213077.jpg

20km、30kmともに10kmを1時間7分でほぼイーブンペース。予定では30kmを過ぎたらペースアップだったがもう無理そう。銀座を通過。ただ5時間のペースランナーを30km前に追い越したのでこのペースを維持できればサブ5だとちょっと安心。
a0048974_23231269.jpg


1番きつかったのが30kmから35kmまで。銀座から品川までの区間。折り返しはまだ?とずっと思いながら走った。35kmで5時間のペースランナーに追い越されかなりピンチ。ここで最後の切り札アミノバイタルを摂取。35kmで品川の折り返しから気分も変わったのかペースが上がってまたペースランナーを追い越す。道ばたからは5時間いけるよと声も掛かる。
マラソンはいつも30kmからが勝負で、40kmを超えてからの2.195kmはものすごく長い。今回は頭の中で5時間までの余裕を計算しながら走らなければならなかった。ペースを7分まで落とすとぎりぎりになるので、最後まで6分30秒から45秒で走りきった。このあたりは余裕なく写真もない。

41km地点で心臓がバクバクし始め、さすがにまずいと思い、ちょっとペースダウン。次は心拍数モニターしながら走らないといけなそそうだ。結局4時間58分でゴール。3回目のフルマラソンで5時間を切ることができた。
a0048974_23322479.jpg


こちらがリザルト。4時間43分で走ったのだが、最初に15分ロスしているので公式タイムは4時間58分になる。フルマラソンをほぼイーブンペースで走ることができたので次につながるいい結果だった。また、機会があれば再挑戦したい。
a0048974_23361468.jpg

[PR]
by yamorimo | 2017-03-19 23:37 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/23730587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 研修医になったら必ずこの手技を... NHK語学講座の録音③ >>