日本静脈麻酔学会

11月の13-14日、東京で開かれた日本静脈麻酔学会へ参加しました。

まず、評議員会と懇親会がなんと羽田空港の第1ターミナルで開かれました。
a0048974_21491675.jpg


会場からは羽田空港が見下ろせる格好のロケーションです。

a0048974_21505984.jpg


私のテーブルは何とアルフェンタニル。化学式に会長のこだわりが感じられます。

a0048974_21521687.jpg


翌日の学会は、何と会長の木山先生の本日の天気予報からスタート。びっくりです。

午前中は一般演題。午後は、静脈麻酔と吸入麻酔のディベートが主。これまでの静脈麻酔のオタクのあつまる会からほぼ広がった印象で、参加者も200名を超えたそうです。

会で面白かったのは、発売されたばかりの「静脈麻酔 Q and A99」の著者全員のサインを集めるラリー。次にみんなが集まるのは日本麻酔科学会でしょうか。またチャレンジしてみて下さい。

私は一般演題の座長をしましたが、発表内容はともかくプレゼンにもう一息工夫が欲しいなと思いました。午後のディベートでもすぐれた内容以上にプレゼン能力の差が勝負を決めた印象です。

プレゼン力を上げるには、来年1月に開かれる日本医学シミュレーション学会へぜひご参加下さい。詳細はこちらから。

さて、来年の静脈麻酔学会は福島ですが、その次ぎ2017年は私が会長で山口県で開催と決まりました。詳細はまたお知らせいたしますが、ぜひご参加下さい。まず来年の福島から。会員になって発表のご準備をお願いします。
[PR]
by yamorimo | 2015-11-23 22:02 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/21862694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本医学シミュレーション学会① 下関海峡マラソン >>