日本臨床麻酔学会

日本臨床麻酔学会、2日目と3日目の2日間参加しました。

基本セミナー系の部屋にいたので講演等はランチョンをひとつしかきいていません。そこで機械展示からめについたものを。

こちらはエドワーズの指先で連続的に血圧を測定するモニタ。EV1000をお持ちなら追加機器をそれえればOKです。消耗品がフロートラックくらいするので保険で承認されるかどうかが鍵でしょうね。指先で動脈圧を連続的にというのは昔からあったコンセプトではあります。
a0048974_17223460.jpg

こちらがモニタ画面。
a0048974_1723331.jpg

指先のセンサー。ちょっと痛かった。虚血をさけるために時間制限があるとのこと。

a0048974_17251517.jpg

こちらはコビディエンの血管可視化装置。近赤外線を当てて動脈と静脈を可視化します。よくみえますが、これを使って穿刺するとなると慣れが必要そうですね。超音波が気軽につかえる今優劣が気になります。

a0048974_17291991.jpg

こちらマシモの脳波計+パルスオキシメーター。パルスオキシメーター自体もどんどん進化していますがすみません資料をもらうのを忘れていました。

a0048974_1734096.jpg

こちら日本光電のモニタ。薬物のシミュレーション機能を搭載しています。自動麻酔記録装置のない施設ではこのような方法もありですね。今後試用しましたらレポートします。

最後に各社の麻酔器を。現状ではこの3機種が注目機種です。来年はこれらの優劣について語る機会がありそうですのでお楽しみに。
ポイントは、End-tidal Control vs Predictionです。
a0048974_17403791.jpg

a0048974_17383984.jpg

a0048974_17394965.jpg

[PR]
by yamorimo | 2015-10-24 17:41 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/21769720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本臨床麻酔学会② 麻酔科医のための区域麻酔スタンダード >>