セボフルラン:後発品との差はあるか?④

セボフルランの後発品の話。その4。

現在ファイザーから発売されているセボフルランは添付文書によると輸入されている。どこで作っているのかは添付文書では明かではない。輸入元を探してみるとアメリカのPiramal Healthcareであろうということが分かった。これは同社のホームページに日本へ輸出されていることが明記されている(FAQの中)。

同社のセボフルランは人用のSojoumと動物用のPetremの2種類がある。このうち動物用のPetremの方が最近、薬液の酸性が強かったということからrecallとなっている。FDAの関連ページはこちら

これは動物用とはいえ、懸念されるセボフルランからフッ化水素(HS)への分解が起こった可能性を示している。ということでセボフルランの後発品への切り替え。よくよく考えて判断したほうがよいと思う。
[PR]
by yamorimo | 2014-07-25 23:46 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/20034190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏のトンボ セボフルラン:後発品との差はあ... >>