「ほっ」と。キャンペーン

MAA9

第9回麻酔と意識国際シンポジウムに参加した。

これは3年に一回、術中覚醒など麻酔と意識に関する問題を討議する国際会議である。3日間のうち1日のみではあったが有意義な体験をさせていただいた。

まずは主催された倉田先生の基調講演。世界から著名な先生方を呼んでこのような会を成功されたことがすばらしい。
a0048974_183135.jpg


私は日本での術中覚醒の状況について話をさせていただいた。最低限の役割は果たせただろうか?質問も多くて対応に苦労した。ある人の英語は聞き取れても、ある人の英語は分からないのですね。
a0048974_185793.jpg


こちらはポスター発表。全員でポスター会場に移動してひとつの演題をみるのでこちらも大変そう。

a0048974_18123031.jpg


会場でみかけたBISの2センサータイプ。
a0048974_18134094.jpg


もう少し日本からの参加者がいるとよいとは思った。シンポジウムは水曜日まで。
[PR]
by yamorimo | 2014-07-21 18:14 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/20020215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< セボフルラン:後発品との差はあ... セボフルラン:後発品との差はあ... >>