レジデントノート4月号

初期研修医に絶大な信頼を得ている雑誌「レジデントノート」。その4月号の編集を担当しました。

内容は、穿刺系で静脈、動脈穿刺、局所浸潤麻酔、点滴から中心静脈穿刺までです。一部ベテランの先生にもお願いしましたが、基本は麻酔科の若手の先生方にお願いし存分に腕をふるっていただきました。同種の企画はいろいろあるかと思いますが、内容的にはすばらしい出来であると自画自賛しています。御施設の研修医の先生への推薦はもちろん、ご自分でも読んでいただき日々の指導の参考にしていただければと思います。

初期研修医の研修は施設や個人によりまちまちだと思いますが、このような基本的な手技の習得は麻酔科で行うべきという自負の元がんばっていきましょう。

a0048974_21423735.jpg

[PR]
by yamorimo | 2014-03-16 21:43 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/19574201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< CaptureStream 救急エコー塾 >>