麻酔集中治療テクノロジー学会

私の原点ともいえる麻酔集中治療テクノロジー学会。一般演題の座長を依頼されたので久しぶりに出席、一般演題発表さらに座長もさせていただきました。

a0048974_22332894.jpg


会場は鹿児島市。桜島のよくみえる会場でした。

学会での企画のひとつにビデオ喉頭鏡の比較があったので機会展示をまわってみました。

a0048974_2235714.jpg

おなじみエアウェイスコープですが、地味にマイナーチェンジして軽量化しています。やはり一施設に1本は必要ですね。

a0048974_22353751.jpg

こちらKingVISINです。ガイド付きとなしがあります。このガイド付きだと先端の曲がりがきついのが吉と出るか凶とでるか?日々の挿管デバイスと思えばガイドなし、挿管困難用だとガイド付きなのかもしれません。

a0048974_22361148.jpg

MacGRATHは大企業だけに売り方がうまいですね。このままだと日本国内の喉頭鏡と挿管チューブはほとんどがコビディエンになりそうです。ちょっと他メーカーは対抗しにくいでしょう。このデバイスは日々の挿管に使用というのが基本だと思います。

a0048974_22363661.jpg

エアトラックの新型です。芯の部分がリユースになり外部だけディスポです。他のデバイスにはきれいな液晶モニタがあるだけにこれでも苦戦しそうです。

a0048974_22365949.jpg

こちらはMashimoの新しい全部入りのパルスオキシメーターです。PI、PVI、ヘモグロビン濃度に自発呼吸時の呼吸数まで表示します。ある意味究極ですが使えるのか?たまたま隣にすわっていらっしゃった大先生がブツブツいわれていたのが気になりました。まあひとつのパラメーターとして参考にはなりそうです。
[PR]
by yamorimo | 2012-12-09 22:46 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/16948807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2012年の総括 アストラゼネカのWeb Ref... >>