「ほっ」と。キャンペーン

肥満と吸入麻酔薬

丸石製薬から出版されているA-Netの肥満と薬物動態の特集に「肥満と吸入麻酔薬」を書いています。ご覧下さい。
基本的には肥満患者では吸入麻酔薬の薬物動態に大きな影響はないという趣旨です。

Baxterさんはデスフルランの脂肪//血液分配係数が26.4、セボフルランが58.8でデスフルランは脂肪に蓄積しにくいので肥満患者でも覚醒が早いと説明しているかもしれませんが、理論的には両者の覚醒に脂肪組織の影響はほとんどありません。
[PR]
by yamorimo | 2012-10-28 00:18 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/16681710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デスフルラン 対 セボフルラン デスフルラン >>