「ほっ」と。キャンペーン

麻酔科学サマーセミナー

第9回になる麻酔科学サマーセミナーに参加しました。といっても2日目午後からなので半分くらいです。

今回の目玉は「携帯ビデオ喉頭鏡」についてのバトルオンセミナー、以前エアトラック vs AWSでSuzuki先生と対決した立場としてはみにいかない訳にはいきません。

Suzuki先生はAWSというよりも、マッキントッシュ型喉頭鏡撲滅運動みたいなプレゼン。途中から涙がでてきて最高でした。キーワードは、量産型、シャア専用、モノリスでしょうか。これは文章では要約できません。

私が注目したのはMcGRATH MACです。昨年の臨麻で講演したときにも少し紹介しました。売りはデザイン、お値段(本体は20万)、さらに消耗品の価格(ひとつ1000円)です。欠点は、AWSのようにチューブ誘導型ではないことです。しかしながらマッキントッシュ喉頭鏡の代替えと考えると受け入れられやすいデバイスともいえるでしょう。プレゼンされたYamakage先生は持った感触がいいといわれていましたが、そんな感じがしました。
詳細はこちらで。グライドスコープに似ているのでスタイレットは使った方がよさそうです。

a0048974_23365869.jpg

会場でマネキンを使って挿管を試みているところです。軽くて持ちやすいのが印象的でした。
[PR]
by yamorimo | 2012-07-01 23:42 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/15679354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< サマーセミナー② ソノサイトジャパンのセミナー >>