日本麻酔科学会①

神戸で開かれた日本麻酔科学会に参加しました。気になった講演等紹介していきます。

金曜日のランチョンでは木山先生のコミュニケーション技法の講演を拝聴しました。木山先生は乗り物系が好きなので有名ですがプレゼンもすばらしい出来でした。
まず史上最悪の飛行機事故の事例を紹介されコミュニケーションの欠如が大惨事の原因となったことを説明されました。その後も飛行機を織り込みながらプレゼンが続き最後近くに出てきたのがこのスライドです。
a0048974_2333215.jpg


撮影禁だったかもですが著作権は私にあるのでまあいいのではないでしょうか?最近の私のプレゼンも基本飛行機ですが、こんな場面で晴れ舞台をいただきました。

講演ですぐにでも実行してみたいと思ったのが麻酔前のブリーフィングです。飛行機の運行前には操縦士を中心にCAらがブリーフィングを行います。同様に麻酔前に麻酔科医とオペナースで患者の確認、麻酔計画などについてブリーフィングを行っている。オペナースの評価はタイムアウトよりも有用という結果も示されました。

当日の講演の元ネタは木山先生らが翻訳された本です。「周術期コミュニケーション技法」は麻酔科医だけでなく周術期管理に携わる医療従事者必読だと思いました。

こちらは当日の講演で紹介されていたビデオです。

[PR]
by yamorimo | 2012-06-09 23:40 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/15527921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本麻酔科学会② BIS, TIVAと術中覚醒 >>