「ほっ」と。キャンペーン

5月の予定

連休ですがいかがお過ごしでしょうか?いよいよ5月です。

さて連休明けの5/8はアボットのラインカンファレンスに登場します。昨年は首都圏の台風で大混乱でしたが今年はどうでしょう。「分かりすぎるセボフラン麻酔」というタイトルでこちらに掲載したニコニコセボフルラン麻酔をモディファイして講演します。
次の週は5/18にアストラゼネカのこれまたインターネット講演会に司会役で登場します。こちらは果たしてどうなるのか楽しみです。アボットのように会場を設定して講演を中継というスタイルからネットでストリーミングという方向へ変わっていくのでしょうが、初の試みだけにトラブルなどが心配です。

お時間ありましたらどちらもご覧下さい。アボットはセボを丸石から買っている施設へは案内されませんので悪しからず。
[PR]
by yamorimo | 2012-05-01 00:11 | 麻酔 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/15180831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro at 2012-05-04 11:33 x
TCIは初めてまだ1カ月のビギナーなので、とりあえず昔のテキストを読んで予習しています。ふと気付いたのが、「今日から実践できるTCI」p59の「鉛で遮蔽してMRIの磁場からチップを守り」、(電界や電磁界でなく)静磁場の遮蔽になぜ透磁率の低い金属を使っているのか不思議でした。持ち込めるポンプがないのでデュプリバンキットを持ち込む機会はないと思いますが、その後のアップデートされた情報など御存じでしょうか?(講演内容から離れるので、アストラゼネカの質問コーナーには書きそびれてしまいました)
Commented by yamorimo at 2012-05-04 20:35
確かに何故鉛なのでしょうね。基本的にTCIポンプ自体がパソコン入ってますので磁気には弱そう。さらにディプリバンキットのタグの情報がということでMRI室での使用は控えた方がよいと思います。長い延長チューブで対応してポンプは隣の部屋。手で少しづつ投与、あるいは私は流量可変式のインフューザーを使っていました。後ろ2者だとTIVAtrainerなどで事前に投与計画を立てておく必要があります。
<< 中休み 重症不整脈管理とβ遮断薬 >>