臨床麻酔学会③

臨床麻酔学会ネタの3回目。
リフレッシャーコースの講義ではawake AWS挿管を紹介しました。といってもこれは松坂のK先生の受け売りです。
私の施設では、イレウス、その他フルストマック例、高度肥満、高度心機能低下などの症例は基本awake AWS挿管です。まず気道を確保してからゆっくりセボフルランで眠ってもらいます。誤嚥のリスクを減らすとともに麻酔導入時の循環変動がほとんどないのでいろいろ使えます。鎮静としてはフェンタニル0.5-1Aを、あとはキシロカインスプレー散布を行います。

動画はawake AWS挿管の1例です。喉頭蓋がかかったままですが、さらに奥へ入れるよりは声門がよくみえるこの状態で挿管しようと思いGEBを併用しました。ただ、曲がった方では角度が合わなかったので逆から挿入して挿管しています。この手技をマスターすれば麻酔導入の安全度は格段に上がります。



主治医にもみてもらっていたのですが、脳梗塞後で誤嚥性肺炎を繰り返しているのですが声門閉じないです。このため挿管はゆっくりできました。
[PR]
by yamorimo | 2011-11-09 22:58 | 麻酔 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/13975801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ほし at 2011-11-11 22:41 x
いつも勉強させて頂いております。動画拝見いたしました。GEBを併用すると応用範囲も広がりますね。
一つ質問です。「気道を確保してからゆっくりセボフルランで眠ってもらいます」とのことですが、それならば厳密にはawakeとは言えないのでは・・・と思ったのですが、いかがでしょうか。併用そのものについてはいいですが、単に表現の仕方だけです^^;;
私もK先生のご講演を聴いてからfentanyl+局麻で良い具合にawake挿管が出来ています。色々やっているうちに思ったのが、患者さんの意識を落とさず会話をして協力を得ながら行うことがポイントではないかと。中途半端にsedationをかけると咽頭・喉頭にデバイスをかけたストレスで体動が激しくなることをよく経験しました。だからといって深くしてしまうと意味がないですし・・・。
Commented by yamorimo at 2011-11-12 12:22
ちょっと表現が悪かったですが、挿管してからゆっくりセボフルランの吸入を始めるという意味です。その後、動脈やCVラインを取ります。反応なくなったら筋弛緩を入れています。
Commented by ほし at 2011-11-14 13:19 x
あぁそれでしたら了解です!意識を中途半端に落とすと暴れるばかりでいい思いはなかったです^^;意識を維持して患者さんに協力してもらいながらやるのがキモかなと最近特に感じています。fentanyl+局麻でほとんど問題ありません。後で聞いてみてもよく覚えていないとか大丈夫とかいう返事ばかりでした。
<< 術中覚醒アンケート 臨床麻酔学会② >>