デスフルラン薬価基準収載

デスフルランが薬価基準収載されました。薬価は、1mLあたり43.70円(1本240mLで10,488円)です。セボフルランが1mlあたり69.8円なのと比べると安いようですがどうでしょう。

使用量でみてみます。1MACを維持するのに必要な必要量は、新鮮ガス流量が4L/分だと、1時間あたりセボ33ml、デス85.8mlとデスフルランの方が2.5倍程度必要です。薬価に直すと、セボは2303円/時間、デスは3749円/時間となりデスフルランの方が高くなる計算です。
実際には、ミラーの麻酔科学の記載では海外でのデスフルランは1-2L/分の低流量で使用されているようです。
デスフルランの使用量は1L/分では26.1ml、2L/分では46mlとなりますので、それぞれ1140円、2010円です。セボと同等ということでは2L/分くらいで使うことを想定した薬価なのかもしれません。

ということで、デスフルランになるとこれまで以上に低流量を意識した麻酔になるのかもしれません。ちなみに、私はずっと2L/分で使用してきましたが、これだと現在使っているDragerの麻酔器のソーダライムの容量が少なくすぐに交換になるので最近は4L/分で使用していました。また低流量にトライしたいと思っています。
[PR]
by yamorimo | 2011-07-13 23:17 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/13074538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 我が国の医療についての基本資料 超音波ガイド下神経ブロックハンズオン >>