輪状甲状膜穿刺キット

輪状甲状膜穿刺キットとしては先日クックのメルカーを紹介しました。使い勝手はよいと思いますが、その他の選択肢としてスミスメディカルから出ている2つを紹介します。

ミニトラックII
ミニトラックはICUで抜管後患者の痰取り目的などでも使われています。
a0048974_23132998.jpg



メルカーとの違いは、穿刺針が短いツーイ針であること、ダイレーターが2つ。チューブがやや長いなどです。中心静脈カテ-テルが原型か、硬膜外針などが原型なのかという違いかもしれません。

クイックトラック
より早くという向きにはクイックトラックがあります。昔からあるトラヘルパ-の進化版でしょうか?
a0048974_23174646.jpg


輪状甲状膜をブスリと穿刺します。赤い部分はストッパーになっていて気管後壁を損傷するのを防ぎます。空気の逆流を確認(注射器には水を入れておくと確認しやすい)したら、ストッパーを外し、さらに押し込みます。

a0048974_16294496.jpg



上のコネクターで麻酔回路やアンビューバックと接続します。

a0048974_16301632.jpg



これらのキットは常に手術室に置いておき、必要に応じて看護師を含めて穿刺のシミュレーションをしておく必要があります。今回の当院のDAMでは3種類すべて穿刺のトレーニングを行いました。実際に使ってみて、緊急の場面で使えそうなモノを揃えておく必要があります。
[PR]
by yamorimo | 2011-07-07 23:20 | DAM
<< 呼び水② Air-Qを使った気管挿管 >>