SmartPilot Xplore③

SmartPilot Xploreを早速今日の症例で使ってみた。

まず、気付いたのは体重の入力が10kg毎になっている点。年齢や身長も同様である。患者によってはかなり誤差が出てきそうな部分である。
プロポフォールはTCIが使えないので、20mg/kg/hで、レミフェンタニルを0.4μg/kg/minで麻酔を導入してみた。入力している間に呼吸が止まっていて少し焦る。当たり前だが1人では使いにくい。
a0048974_18313160.jpg


これが患者就眠時、このままではどんどん麻酔が深くなることが分かる。プロポフォールを4mg/kg/hへ、レミフェンタニルを0.1μg/kg/minに減速して気管挿管。

a0048974_1834267.jpg



こちらは挿管後、現時点と10分後、15分後の位置が分かるのがよい。
この症例はこの後、スリープから起動できずに何故かその前の症例に変わってしまい、ここで終了。細かなバグもあるのだろう。麻酔維持期はほとんど変わらないだろうが、覚醒時には多少役に立つのかもしれない。

ということで、あくまで教育ツールですので、これで麻酔しようと思わなければ使ってみる価値はあると思われる。
[PR]
by yamorimo | 2011-05-23 18:38 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/12638058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スープレン製品情報概要 SmartPilot Xplore② >>