日本麻酔科学会初日

日本麻酔科学会初日が終了した。個人的に食事も取る間もなく語り続けた1日だったが、参加者も多く盛況だった。
今回の注目はデスフルランかもしれない。発売は7月になるだろうとのこと。
a0048974_235732100.jpg



気化器はドレ-ゲル製だと約80万円。電源が必要になりかなり大きい。

a0048974_23591975.jpg



加温するため触るとやや温かく、内部も電子制御になっている。今後の麻酔器購入に際してはデスフルラン対応がひとつのキーワードにはなるだろう。

a0048974_01513.jpg



一方、こちらはDragerのSmartPilot。
a0048974_04995.jpg

モニターと麻酔器、将来的にはポンプから情報を入力してIsoblogramを表示する。今後は薬物動態シミュレーターとともに、この種の麻酔管理の補助的なデバイスが発展していくのだろう。

懇親会では、Suwa先生とお互いのLiSAでの連載についてdiscussionしました。もう少し頑張ってみます。
[PR]
by yamorimo | 2011-05-20 00:04 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/12612800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 学会2日目 Anesthesia vs. ... >>