セボフルラン vs デスフルラン⑦

今日は、日帰り手術での比較。早期覚醒という特性から日帰り手術での活躍が期待される。

Comparison of maintenance and emergence characteristics after desflurane or sevoflurane in outpatient anaesthesia. Indian J Anaesthesia 2011;55:36

対象と方法
100名の日帰り、婦人科腹腔鏡手術患者をを対象。
デスフルランあるいはセボフルランの2群に分けた。どちらも60%の亜酸化窒素を併用。麻酔導入時にフェンタニルを2μg/kg使用、術中は適宜追加投与。BISは40-60に維持。
覚醒の状況を比較。

結果
手術時間としては40分程度。
術中の循環動態に群間差はなし。

命令に反応:デス 3.5分、セボ 5分
開眼:デス 4.2分、セボ 6.8分

modified aldrete socre 9点:デス 10.8分、セボ 16.2分

Post Anaesthetic Discharge Scoring System(PADSS) 9点(退院基準):デス 188分、セボ 193 分

(私見)
まだ循環を基準に吸入麻酔薬をコントロールしている麻酔に驚き!レミフェンタニルは高価で使えないのだろうか?

結果は予想通り。デスフルランではわずかに覚醒が早いが、3時間地点くらいでは差はない。もちろん手術室の退室時間がわずかに早くなるだろうから、短時間の手術を何例も行うような施設ではこの差は大きくなってくるのかもしれない。
[PR]
by yamorimo | 2011-04-27 22:21 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/12485725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< セボフルラン vs デスフルラン⑧ セボフルラン vs デスフルラン⑥ >>