「ほっ」と。キャンペーン

地震と世界

今回の状況でキャンセル期日を過ぎて、月末にシンガポールで開かれるTIVA-TCI2011をキャンセルしたのだが、有り難いことに全額払い戻しという連絡と温かい励ましを受け取った。
最近の報道などみていると政府や東京電力に批判的なものもあるが、このような状況でこそマスコミの姿勢が問われると思う。批判ではなく、今何ができるのかが大事だと思う。
今日の会見では枝野官房長官が疲れている様子が気になった。原発を含めてすべての状況を把握しているのは凄いが、1人では限界もある。このような事態では政府も民主党、自民党など関係なく有能な人材を使っていくべきだろう。
[PR]
by yamorimo | 2011-03-17 00:11 | 麻酔 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/12282081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本臨床モニター学会中止 LinkedIn >>