「ほっ」と。キャンペーン

Journal of Anesthesiaの投稿

本日今年最後の原稿としてJournal of Anesthesiaの投稿にしました。驚いたのは投稿番号として816番をもらたことです。
これが正確に投稿数を反映しているのかどうかは分かりませんが、JAの投稿数は2008年が298、2009年が431ですから確実に多くなっていることが分かります。日本麻酔科学会のofficial journalも麻酔科の世界ではメジャーになりつつあるということではないでしょうか?実際に、ことしは他誌の査読でこれはJAならrejectだなと思った論文があっさりacceptされるということがありました。投稿が多くなっている分狭き門になりつつあるのも確かでしょう。
例えば論文を「麻酔」に投稿すると掲載までに1年以上かかってしまいます。JAだとアクセプト後にon-lineですぐに公開されるので再投稿1回でアクセプトなら半年くらいでOKです。あとは英語の壁ですが、最近は校正にもそれほど費用がかからないのでどんどん英語で書いたらよいと思います。
ということでJAに関してはみんなで育てるという気持ちが大切だと思っています。
[PR]
by yamorimo | 2010-12-26 00:15 | 麻酔 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/11783205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fujiwara at 2011-01-03 17:55 x
初めて書き込みさせていただきます。いつも勉強になっています。先生は校正はどこの企業を使われていますか?色んな会社がネットを見ると見つかるのですが,どこがいいのか分からなくて,,,。先生のおすすめの会社を教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。
Commented by yamorimo at 2011-01-03 23:37
私は、ここ一年はeditageさん(http://www.editage.jp/)を使っています。
料金はどこも変わらないように思いますが、納期も早く校正以外にTipsが書いてあったりといろいろ参考になります。またpdfで資料をもらったり、メールで定期的に論文の書き方が届くなどの+αがあるので気に入っています。ご参考になれば。
Commented by fujiwara at 2011-01-04 08:25 x
ありがとうございます!早速見てみました。今度お願いしてみようと思います。では。
<< 謹賀新年 Logitec スポーツ用ビデ... >>