「ほっ」と。キャンペーン

臨床麻酔学会その他

その他の臨床麻酔学会ネタの追加。

Dragerブースに気化器が展示してあった。新製品以外にこの種の博物館的な展示も面白い。

a0048974_2136845.jpg


これは気化器の生産444444台目のモデルでたまたまイソフルラン用だったというもの。

a0048974_21382952.jpg



こちらはセボフルランの気化器のカットモデル。この種のものを気軽にさわれるように展示してもらえると意味があるのではと思った。

セボフルランといえば、まさにセボフルランという本が出版されており、早速購入した。
[PR]
by yamorimo | 2010-11-07 21:45 | 麻酔 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://eanesth.exblog.jp/tb/11534913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koshimasu at 2010-12-15 22:01
こんばんは。初めて書き込みさせていただきますkoshimasuです。
先生の向学心とHP更新への情熱には脱帽です。
ところで、「気化器は見た目よりなぜこんなに重いのだろう」と思っていました。徳島の学会には行けなかったので、今この写真が見られてラッキーでした。ありがとうございます!!!
Commented by yamorimo at 2010-12-15 22:13
コメント有り難うございます。
気化器の構造は昔の指導医(専門医)試験のヤマでしたが、今後は電子制御気化器の時代ですからもう不要なのかもしれません。
これを機会に気化器の勉強をされるとよいと思います。
Commented by koshimasu at 2010-12-17 23:37
そうですね。いい機会になりました。ありがとうございます!
<< レミフェンタニル麻酔後の疼痛コ... 臨床麻酔学会3日目 >>